スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「優越欲」のおはなし

ひっさーです。

桜が咲き始めましたね。今年も春本番です。
社会人になってから早くも1年が経つのかと思うと、
時の流れの速さを身に沁みて感じます。



今日は、人の持っている欲についてのおはなしです。
人の三大欲求といえば、食欲、睡眠欲、性欲ですが、
今回はそれらとは別の欲についてお話します。

皆さん、勝負事は好きでしょうか。
私はどちらかと言えばあまり好きな方ではありません。
しかし、誰かと何かを競い合うという状況は、
生きていれば必ず訪れます。
受験なんかも、勝負事といえば勝負事です。
また、直接的に勝負しなくても、
何かを作って誰かより高い評価を得る、というのも
ひとつの勝負事と言えるでしょう。
ここでの勝負事は、かなり広義の意味合いです。

では、勝負事をすることになったとして、
貴方は勝ちたいでしょうか、それとも負けたいでしょうか。
ちょっと変な質問かもしれませんね。
負けたい、と思う人はそうそう居ないでしょう。
何かを競うからには、相手よりも優れたい、勝ちたいというのが
人の自然な感情だと思います。
この感情を、「優越欲」と呼ぶことにしましょう。

この、「優越欲」という感情は、
勝負事のとき以外にも表れることがあります。
日常的な会話をしているときでも、
ちょっと自慢したい、あるいは自分はすごいと思って欲しい、
という感情から話をする人が居ます。

決して優越欲自体は悪いものではありません。
しかし、優越欲というのは、一種の猛獣のようなものです。
きちんと手懐けてやらないと、その欲に振り回されて
利己的な行動を取ったり、ひいては相手を騙したり陥れたり、
といった行動を取ってしまう危険性があります。

優越欲というのは、相手より優れたいという欲求です。
なので、相手よりも優れた状態になればこの欲が満たされます。
しかし、いつでも定期的にこの欲が満たされるのかというと、
そうとは限りません。
満たされない思いが続くこともあります。
そんなとき、この優越欲の猛獣を落ち着かせておくのは、
とても困難になります。

しかし、優越欲は、食欲や睡眠欲とは大きく異なる点があります。
それは、欲自体を無くすことが可能であるということです。
より正確に言えば、別の欲求に置き換えることが可能なのです。
自分が相手よりも優れる、代わりに・・・ということです。
代わりに何をするか、どういう状態を目指すかというのは、
ここでは敢えて書かないことにします。
答えは1つでは無いと思います。
まずは、優越欲という欲が存在するということを知り、
それをどうしていくかを考えて頂ければ嬉しいです。
私にとっても、これは生きていく上での課題の1つです。

優越欲の話題は、ここまでにしたいと思います。



それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト
プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
02 │2015/03│ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。