スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遡ること300年


ノートの見開き2ページに、300年の流れが出来上がりました。





今日は父と仏壇の掃除と整理をしていました。

長い間手がつけられていなかったため、埃だらけ。蜘蛛の巣まで張っていて、

これでは良くない、と父。



どうやら、古い位牌を処分(正確には「お焚き上げ」)するそうです。

で、処分する分の位牌の内容をメモしておいて欲しいと言われたので、

過去帳と照らし合わせながら、写していきました。




過去帳をしっかり見るのは初めてでしたが、

年号が、明治大正昭和にとどまらず、

延享とか安永とか天明とか、知らないものばかり。

さらに、○○の妻 ○○  や、○○の子 ○○

といったように、戒名、俗名に加えて血縁関係が書かれていることもあって、

「ひょっとすると、これ整理したら家系図できるんじゃね?」と

ふと思ったわけです。




ということで、過去帳と広辞苑の付録を照らし合わせながら、

必要な範囲で和暦と西暦の対応表を作ることから始めました。

さらに、俗名が書かれている人を書き出し、

没年と、書いてあれば年齢、血縁関係も併せて書きました。



それを参考にしながら、

最も軸となる当主(跡取り?長男?)を中心に据えた、

自分を含めて12世代の簡単な家系図が出来上がりました。

最も古いのは、元禄(1688~1703)。

江戸時代中期から記録が残っていたのにはびっくりしました。

記録ではその人が一代目となっているので、

自分は十二代目ということです。



…なんかいまいちイメージが湧きませんが。



でも、こういう世代世代の繋がりの中に自分がいる、と考えると、

しっかりこの流れを継いでいかなければいかないなぁ、と思うのでした。







コメント返しますー
>えでさん

お久しぶりですー
ご無沙汰してますがお元気でしょうかー?
えでさんのHPは更新ほぼ停止なんですかね。

こちらはちょくちょく更新してますのでよろしければ覗いてみてくださいねー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。