スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷塔のちょっとした話

集合絵が出来るまでの繋ぎのつもりで、先日少しお話したゲーム「氷塔」の

話をしたいと思います。元々かなりハマったゲームなので。


氷塔(原作)はこちらのページ(yunoの雑記帳)にあります。


ルールは簡単。「氷を押して炎を全て消す」。




090927.png

↑気分転換に作った問題。



私は、ルールと要素はシンプルだけどパターンが無数に作れるパズルが好きみたいです。

巷で有名な「数独」もその一つ。腕前の程は今一つですが。

「氷塔」もその例にもれず、

フロア内の氷を使って炎を全て消すというシンプルなルールで、

ヨコ18×タテ12マスの範囲内にいくらでも問題を作ることが出来ます。

要素は、


1.主人公(床の上を歩く、氷を押す)

2.床(主人公、氷、金の氷が通過可能)

3.壁(主人公、氷、金の氷は通過不可能)

4.氷(押されるとまっすぐ滑る、炎に当たると消える)

5.金の氷(氷と同様だが炎に当たっても消えない)

6.炎(全て消すとクリア、消えると床が残る)

7.矢印床(主人公が乗ると1マス移動、氷が乗るとその方向に滑って行く)

8.製氷機(一定の間隔をおいて、障害物のない方向にランダムに氷を射出)

9.氷捨て場(氷が通ると吸収される、金の氷はスルーされる)



で、1~6だけだとシンプルなパズルになるのですが、

そこに7~9が加わることによって、大幅にアクション要素の加わったゲームとなるのです。

氷塔(原作)の50問には様々な問題のパターンがありますので、

やってみるとどんな感じのゲームなのかよく分かると思います。




10年前に作られたにも関わらず、現在未プレイの人でも楽しめるゲームですからね。

フリーのゲームとしてかなりお勧めです。

ただし氷塔2は問題数が多いので、軽くやりたい方にはお勧めしません。


ちなみに、私はフリゲには詳しくないのですが、

以前、フリゲに詳しい方にこのゲームのことを話したら、これは知らなかったと言われました。

そんなにマイナーなのかな・・・ 勿体ない。



どうすればもっと知ってもらえるかな・・・と思って、

主人公のグラフィックをカービィにしてみたらどうかとふと考えてみましたが、

カービィならそんなめんどくさいことせず、きっと全部吸い込むだろうなと思ったので却下。

(そもそも著作権的にアウトかと思われます)




つづく。


>飯さん

>このロリコンどもめ!
サーセン

表情50題はかなり力になりました。こちらこそ、紹介してくださってありがとうございました!

自分では分からない表情がたくさんあったので、

他人の絵を見ながら、自分に合った描き方を取り込んでいったのを覚えています。

思えばそういった経験が、糧となっていくんですね。

主にGoogleイメージ検索とpixivタグ検索で参考となる絵を探していたのですが…

「狂気」はどこで見つけたかなぁ… いかにも狂気って感じの表情だったのですが。

狂気って感じが出てるならば幸いです!


今後も自分が描いたことのないものを描くことがあるでしょうね。

そういったものにも挑戦して、経験を積んでいけたらなぁ…と思います。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
03 │2017/04│ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。