スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のイメージカラー

091026.png








ひっさーです。

バトンに答えてくださった方ありがとうございました。



自分のイメージカラーって、簡単なようで難しいですよね。

他人のイメージカラーとなるとなおさらです。



高校の頃の私は、自分の色は緑だと思っていました。

緑の中でも黄色寄りではなく青色寄り。やや深めの緑が

自分のイメージカラーだと思っていました。





最近はイメージカラーを意識することもなくなり、

必ずしも緑とは限らなくなったように感じます。

現に、バトンに答えてくださった方の中には、私のイメージカラーは

暖色系、特に赤色だと答える方もいらっしゃいました。



赤色というと、私のキャラの帽子がそれにあたりますね。

もうすっかり描き慣れたこのキャラですが、

実はこの赤はもともと「自分の赤」ではありませんでした。



知ってる人は知ってると思いますが、

この帽子は、MapleStoryというオンラインゲームの有料の装備で、

私がゲーム中でお世話になっていた方が着けていたものです。

その方はゲームプレイ日記を記されていて、

私も何度か登場させてもらいました。

今ではもうその方とは音信が途絶えてしまいましたが、

お世話になったその方へのリスペクトを込めて、

自分のキャラにこの帽子をかけることにしたのです。

というわけで元々私の赤は「もらいもの」の赤だったわけです。

「赤」は情熱の色ですが、

私はどちらかというと、ずっと情熱をもらう側だったと思います。




今、この赤はもう「もらいもの」ではないのかもしれません。

他人の赤から自分自身の赤へ。

確かに、以前に比べると「情熱」を持てるようにはなってきてるかもしれません。

それも、他人に触発されることによる、一時的な情熱ではなくて、

自分の心の中で燃やし続けることが出来る、継続的な情熱を。



今回は赤と緑についてだけ触れましたが、

他にも青を始め色んなカラーを、私は持ってるのではないかと思います。

これは私に限らず他の人も。

人は、なりたい色になることができます。

常日頃から自分の色を考える必要はありませんが、

自分を見つめるとき、イメージカラーはとても役に立つのではないでしょうか。






コメント返しますねー



>雷鈴さん

いつも通っていたHPが閉鎖したときに近い感情でしょうか。

自分にとって大切なお店だったので、閉店ではないにせよ残念です。

少し遠くても、行ってみようかな。


バトン答えてくださってありがとうございました!



>ほんだ

週一となるとかなりの頻度で行ってたってこと…

それは残念だなぁ…

自分にとって当たり前だったものが無くなってしまうのはやっぱり辛い。




今日はこれにて。それではー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。