スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

For What 育成?


以前、ようやくポケモンのソウルシルバーを買うことが出来たといって、

ポケモンの話題がそれっきりになっていましたね。

ちょっとずつ進めてますよ。


途中苦戦した場面もありましたが、無事、殿堂入りを果たしました。

そしてカントーに上陸。ジムバッジを集め始めています。






さすがポケモンと言いましょうか、

周りにはポケモンをしている人がたくさん。

そして皆がみんな、育成に力を入れているわけです。


個体値のおはなし。3Vとか4Vとか。

晴れパ、雨パとか。

大体の意味は推測できますが、もはや専門用語といえる言葉がたくさん。

そしてトークではそういった専門用語が飛び交っています。



確かに対人戦は楽しそうですし、

相手より自分が強くなりたいという気持ちは大いに分かります。

相手の作戦を読みつつそれを上回る自分の作戦を考える。

嫌いではありませんよ。



でも、今の私からすると、そこまでしないといけないのかっ

という印象を抱いてしまうんですよね。



ボックスに同じポケモンがずらりと並んだ状況。

草むらで同じポケモンを倒し続ける様相。

タマゴを孵すために歩数を重ねる光景。

そして、どんなに個体値が良くても、性格が思い通りにならなければいけない。



レベルアップ時に特定の値が+2ケタとかになったのを見せてもらったときは

うわ、すごいなぁ とは思いましたが。



勝てば嬉しい。それは分かります。

でも、勝つことだけが目的なら、私は育成なんてしないと思います。

育成することで、それ以外に何か得られるものがあるんでしょうか。



確かに、はがねタイプのミカン戦を控えて、現在のパーティーでは厳しいということで、

Lv15で捕まえたロコンをLv30まで育てるということはしましたし、

それでロコンに愛着が湧いたのは確かです。

ポケモン育成で得られるのはこういう類なのでしょうか。それとも違うのでしょうか。





こういう考えは、私がシナリオ進行中だからこそ言える考えなのかもしれません。

まだ育成というものをしたことがないので、

それについての魅力をまだ知らない可能性は大いにあります。

間違っても、育成することを否定してはいません。





自分が持っていない、他の人の「当たり前」を受け入れるのは難しいなぁ。





とまぁ、なやみのタネでも植えつけられたかのような文章ですが、

そろそろ筆を置いて寝ることにします。大丈夫です。ふみん状態ではありませんよ。

それではこの辺で。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
10 │2017/11│ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。