スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「偶有性」って何ぞ?

土曜日の更新を華麗にスルーして、ひっさーです。

中間テストが近いのですが、今日は気分転換に立ち読みをしに行きました。

特定の本が読みたくて行くわけではないので、

店頭や店の入り口付近に積まれてる本の中から、

ちょっと内容が気になるなと思って手に取った本を読んでます。


脳が変わる生き方脳が変わる生き方
(2009/11/05)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



読んだ本の一つ。

茂木さんの本ということで手に取ったのですが、かなり最近の本のようです。

私が立ち読みする本は大抵、前書きを読んで、目次をざっと見て、

あとは流し読み(速読と言えるのかは不明) してるのですが、

この本はかなり時間を掛けて読みました。





「偶有性の海に飛び込め!」という言葉が頭に残ったのですが、

「偶有性」という言葉は初めて見る言葉。

意味としては、「人生何が起こるか分からない」ということらしいのですが、

それだけで分かったと納得するわけにもいきません。


ということで、改めて「偶有性」という言葉を調べてみると、

上の方にさっそく茂木さんのブログが出てきました。

日付はというと今年の2月。かなり前です。

検索結果に出てきたほかのページも調べてみましたが、

日付は2008年だったり2005年だったり。

「偶有性」という言葉自体は、少ないながらも使われてはいるんですね。

…と思ったら茂木さんに関連するものがほとんどでした。


タイトルに「偶有性」という言葉が入ってる本もありました。


偶有性幸福論。 (エンジン01選書)偶有性幸福論。 (エンジン01選書)
(2008/11/15)
江原 啓之茂木 健一郎

商品詳細を見る


これはちょうど1年前。茂木さんに江原さん。有名なお二方。







「偶有性」という言葉は確かに気になります。

もとは哲学用語のようで、

「他の状態でもありえるのに、たまたまその状態でもある、という属性」

(はてなキーワードより)

ということらしいですが、これでは何のことかさっぱり分かりませんし、

そもそも茂木さんが元の意味をそのままに「偶有性」という

言葉を使っているとも限らないですね。


言葉の「箱」に惑わされて、「中身」を疎かにすることのないようにしないと。



で、もう少し易しい言葉で説明するとこうなるようです。




確実性と不確実性の中間。

半ば偶然に、半ば必然的に起こる。

完全に予想は出来ないけれど、ある程度脈絡がある。




分かりやすい言葉に噛み砕かれても、まだ分かりにくいなぁ。

すぐに全てを理解するのは難しいようです。




とはいえ、こういった概念は私にとって新鮮なものなので、

知ることが出来たのは大きなプラスになったと思います。







さて、コメント返しますねー

>dekaさん

どうもお久しぶりです!

久しぶりじゃないのではないかと言われて、ふと思い出すと、

ひょっとするとこの前、スティッカムでお会いしたかもしれませんねw


ブログ発見おめでとうございます(謎

dekaさんもブログを持ってるんですね。お邪魔させていただきます。


無事20歳になることが出来ました。

これからもまったりと創作ができればと思いますw

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。