スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はやす」と「はやる」のおはなし


「はやす」と「はやる」 って意味は違うけど似てるかもしれません。

特に、世間一般で(言葉、音楽、映画などが)「はやる」の「はやる」は、

「はやす」にとても近いものを感じます。



ある特定の人に対して「調子に乗せる」「盛んに言う」という「囃す」が、

さらに規模が拡大して、世間一般で「持て囃される」ようになる。

これが「流行る」というわけです。




「はやる」という言葉に「流れ行く」という漢字は見事にマッチしてるように思います。

世間の一人ひとりの声を小さな「流れ」と考えると、

「流れ」の向きがバラバラのときは互いに打ち消し合って「流行」は生まれませんが、

多くの人が作りだす「流れ」の向きが一致すると、

それは大きな流れになって、「流行る」、「流行する」というわけです。



「流れ」の例として「人の声」を挙げましたが、

「流れ」を作り出すのはこの限りではありません。

例えばpixivでは、皆が描く絵1枚1枚が「流れ」を表します。



あるジャンルについて、描かれる枚数が多いと、

そのジャンルが人気だと言うことが分かりますよね。

皆が「描く」=「持て囃す」ことによって、「流行」=「流れ」が出来ています。

具体例を挙げると、7月~8月にかけての「サマーウォーズ」関連のイラスト、

そして9月以降の「ポケモン」のイラスト。

(ポケモンに関しては、ポケモンそのもののイラストよりも、

レッドをはじめとする人間絵が爆発的人気を誇ったのが印象深いです)




このように考えると、「はやす(囃す)」とは「はやらせる(流行らせる)」と言う意味であり、

逆に、「はやる(流行る)」とは「はやされる(囃される)」という意味である、と

考えていいのではないのでしょうか。



今回話した「流れ」というのは、非常に抽象的な概念ですが、

色々な物事に対して「流れ」が存在していて、

人やその他色んなものが、流れを作っていたり、

あるいは別の流れに流されていたりするんだなぁ、というのが

最近、私が思うところであります。



それでは今日はこの辺で。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。