スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優先順位のおはなし

ひっさーです。

今日は「優先順位」のお話。



最近読んだ本に、こんな例え話がありました。

ちょっとした思考実験です。本の中では実際に実験したことが書かれていました。

-----


ある程度の大きさがある入れ物(壺など)に、まず大きめの石を入れていきます。

大きめの石が入らなくなったら終わり、というわけではなく、

次に小さめの石、砂利を隙間に入れていきます。

それも一杯になったら、今度は砂を入れていきます。



こうやって、大きいものから順に入れていくと、上手く壺に入っていくのです。




ところが、同じ量の石、砂でも、

今度は砂を先に入れて、砂利を入れて、…という風に入れていくと、

最後には大きな石が入らなくなってしまいます。

イメージできるでしょうか。

中途半端に隙間が空いていて、大きな石は壺から上にはみだして頭が出ている、

という状態になってしまいます。


-----



自分にとって大事なことを、優先的にやっていくのが大切なのだ、という例えとして、

この「壺に入れていく石と砂」の例があるのです。

瑣末なことに気を取られていると、大事なことを取りこぼしてしまいます。





私としては、絶対に大きいものから順に入れなければいけない、ということは

ないのではないかと思ってます。

ただし、ちゃんと全部の石が入ってくれるようにしなければいけません。




ちょっと困っていることは、

「私にとって一番大きな石」が何か、具体的に分かっていないということ。

少なくとも、創作活動は比較的大きめの石であっても、最大の石ではありません。

あまり創作の石を入れ過ぎると、一番大事な石が入らなくなってしまうのでは、

という思いがあります。

でも、一番入れたい石がつかめてないと、壺に他の石を入れようにも

なかなか入れていけないのです。

ちょっと悩みどころ。




皆さんも、石を入れる順番を間違えて後になって慌てないようにして下さい。





それでは今日はこの辺で。
 

・88×31pxサイズのバナー付きでのリンク例




拍手してくださる方、ありがとうございます!


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
05 │2017/06│ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。