スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前の壁だろ 早くなんとかしろよ

100410_20100415002112.png


ひっさーです。

pixivですでに見た人が多いと思いますが一枚描きました。



投稿したのは昨日ですが…と書きそうになって、

一昨日だったことに気付きました。

24:00を越えていることを考慮に入れると3日前…コーインヤノゴトシ…



棒人間と壁。

この2つのキーワードを出せば、

それなりに多くの人が「壁砕き」を思い浮かべると思います。

知らない人はこちら(YouTube)を参照。

関連動画に同じ作品が何本も何本も投稿されているをの見ると、

相当人気になったんだなと思います。

外国人にもかなりの人気を博していたと聞きます。





で、私のこの絵は壁砕き動画とは特に関係がないのですが、

「立ちはだかる壁は、気持ち次第で壊せる壁になる」

というメッセージを添えています。



強調したいのは、「気持ち次第」というところ。

「壁」というと実際の壁ではなく「心の壁」と思って下さった方が

解しやすいと思います。



「心の壁」なのだから、それを作り出すのは勿論「心」。

だとすると、その心の持ちようによって、

立ちはだかる壁は厚くなったり薄くなったりするのではないかな、

と思ったのです。




例えばA君がB君のことを、「アイツは許せない、絶対に許せない」

と思ってたとします。この状態では壁は厚い。

でも、月日が過ぎて、

「まぁ、そう思ってたけど、今となっては嫌いってほどでもない」

と思うようになったとすれば、心の壁は薄くなっています。

絶対に許せない、と思っているときは和解するのは難しいですが、

徐々に心を許していけば、一歩さえ踏み出せば和解出来るはずです。

これが、「薄くなった壁を砕く」ということなのです。




世の中いろんな場面で、形容的にあるいは比喩的に「壁」という言葉が

表れます。時に言葉として、時に心の中で。




そんなとき、「その壁の中には、自分の気持ち次第で砕ける壁がある」

ということを思い出してみてください。





コメント返信は次の記事に回します。すいません。


それでは今日はこの辺で。
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
06 │2017/07│ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。