スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相対的価値観と絶対的価値観のおはなし

ひっさーです。
今週末は好天に恵まれましたね。
しかしまた気温が下がるようなので、
体調の管理には気をつけないと。



「価値観」という言葉は一般的に使われる言葉です。
その人の考え方の基盤をなすもの、
何が大事で何が大事でないかということ、
良い、悪いを判断する基準。
概ねそういうニュアンスです。

今回は、「相対的価値観」と「絶対的価値観」の話です。
これらはあまり馴染みがない言葉かと思います。
「相対」は他のものと比べること、
「絶対」は他のものごとから独立しているということ。
なので、意味は想像できるかもしれません。

「相対的価値観」は、周囲や自分の状況に応じて
変化する価値観のことです。
例えばAさんが、テストで80点を取ったとしましょう。
そのとき、「平均点より高かったから嬉しい」とか、
「B君より10点低かったから悔しい」といった感情を抱くとすると、
これが「相対的価値観」です。

「絶対的価値観」は、状況によって変化しない価値観のことです。
これの例を出すのは難しいですが…
例えばA君が、テストで100点を取ろうが50点を取ろうが、
「数学が好きだ」という思いを崩さないなら、
それは「絶対的価値観」と言えます。

人が生きるにおいて、多くの人のほとんどの部分は、
「相対的価値観」で生きているのではないかと思います。
実際、学校でも社会に出ても、他人と比べる、
あるいは比べられる状況下に置かれることが多いので、
これは自然なことだと思います。

一方で、歴史上で偉大なことを為した人は、
何かしらの「絶対的価値観」を持って大業を為したのではないかと思います。
数々の困難や挫折を乗り越える原動力となるのは、
自分が持っている「絶対的価値観」だと言えるでしょう。

この、相対的価値観と絶対的価値観は、
どちらが良くてどちらが悪いということはありません。
相対的価値観ばかりで過ごすと、周りに強く影響され、振り回されてしまうことが多くなってしまいます。
一方で、あまりに絶対的価値観を強く持ちすぎてしまうと、頑固者になってしまいます。
(それでも良い、という人もいるかもしれませんが、
現代に生きる上ではあまり得策とは言えないでしょう)

数学的な例えで捉えてみると、
価値観を関数f(X)で表したとき、
相対的価値観はXを含む項、
絶対的価値観はXを含まない定数項、
ということになるでしょう。

そういうわけで、この二種類の価値観を、
うまくバランスを取りながら持っていくことが
大切なんじゃないかなぁ、と思います。

今日は、相対的価値観と絶対的価値観のおはなしでした。



それでは今日はこの辺で。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。