スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環状化する感情のおはなし

ひっさーです。

今日は良かったとか、今日は調子が悪かったとか、
その日によって人の気分は様々です。
実は大半は可も不可もない日かもしれません。
しかし何かしら感じながら思いながら、人は暮らしています。

ところで、周囲に影響されて何かしらの感情を抱いたことってありませんでしょうか。
怒ってる人が近くにいるときに恐れの感情を抱いたりするのがその例です。
また逆に、自分の振る舞いや言動が周囲に影響を与えたという経験はないでしょうか。
これは、相手から自分か、自分から相手かという違いだけで、
どちらも、ある人の感情が他の人に影響を与えるということを表します。

感情というのは、周囲に伝わるものです。
これは、その人の持つ影響力によって規模の差こそあれ、
どんな人においても起こりうることです。

そして、波のように伝わった感情は、
今度はまた波のように返ってきます。

例えばネガティブな感情になってネガティブなことを言うと、周囲がネガティブになって自分に対してまたネガティブな感情が帰ってきます。
もしかするとどこかで似たような話を聞いたことがある人もいるかもしれません。
私も幾度と聞いた話です。
しかし実際、これは確かなんだなと思います。

ツイッターなんかを見てると、ネガティブな話題でネガティブな感情が複数の人の間で行ったり来たりしてるのを目にします。
ネガティブループが起こっているわけです。

もちろん、そこから議論が起こることもあるので、それ自体が悪いことでは必ずしもないのですが、
ただネガティブになって終わりというのはなんかすっきりしませんよね。

分かっていてもついつい陥りがちなネガティブループ。
そこに陥らないようにする方法を2つ挙げるなら、
1つは、ネガティブが返ってこない場所に身を置くこと。
つまり場所を変える、環境を変えること。
もう1つは、ネガティブなことを言わないこと。
つまり自分のフィルターを変えることです。

自分に関する問題ごとの解決法は、多くの場合、現実を変えるか、自分を変えるかのどちらかになります。

ネガティブループは、意識して避けようとしないととても入りやすいループで、
回避することは容易ではないかもしれません。
ですが、感情が環状化するものだということを知っていれば、
自分の現状をまず知ることに役立つかもしれません。

今日は、環状化する感情のおはなしでした。

それでは今日はこの辺で。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。