スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸れ者の雑想 4本目

価値のあるものに対しては、それに見合う対価を払う。
このことがきちんと行われていれば、物事はスムーズになると思う。
売り手と買い手(ここではこのように表現する)という構造において、
売り手は買い手から必要以上に対価を求めないのが良い。
また買い手は売り手にきちんと対価を払わないといけない。

・・・と、書くのは簡単なのだが、
実際は売り手も買い手も、少しでも利益を上げよう、得をしようと考えることが多い。
それを頭ごなしに否定はしないが、
売り手は買ってくれる人に、買い手は売ってくれる人に、
もう少し敬意を払えないものだろうか、と思うことがある。




お昼にラーメンを食べた。北千住の「音」というラーメン屋である。
食べログで評価が高かったので行くことにした。
初めて入るラーメン屋ではとりあえず左上を選んでおけば間違いないので、
左上にあった特製煮干しそば(醤油)を選択。

出てきたラーメンにはチャーシューや煮玉子だけでなく、つみれが入っている。
スープの香りがとても香ばしい。これが煮干しの香りだろうか。
そして麺がスープにとてもマッチしている。
とても丁寧に味付けがなされていると思った。


夕飯は池袋で食べることにした。しかし歩いてみてもなかなかいい店が見つからない。
夜はもう少し健康的なものが食べたい、と思い。食べログで定食屋を検索。
すると池袋西口からしばらく歩いたところにある定食屋の評価が高かったため、
行くことにした。お店の名前は「美松」。

こじんまりしたお店で、カウンターが4席、2人がけのテーブルが1つ、4人がけのテーブルが2つ。
店の中に入ると、池袋とは思えないほど落ち着いた雰囲気に包まれた。
内装の木の温かさが店全体に広がっている。
注文を取ってくださった方はお年をめしているがとても元気である。
メニューはカウンターの正面に手書きで書かれている。
どれにしようか迷ったが、焼鮭の定食を頼むことにした。

美味しい。
ちょうどいい焼き加減の焼鮭。
小鉢のひじきの煮物は濃すぎず薄すぎない味付け。
そして実家の味噌汁に勝るとも劣らない味の味噌汁。
ここまで美味しいと思った定食屋は今まであっただろうか。

ふと天井を見ると、祭で使うような御札がたくさん貼られていた。
そして、神棚もあることに気がついた。

食べ物はもちろん、この店の隅々にまで、心がこもってるような気がした。


今日食べたラーメンも、定食も、決して安い値段ではなかった。
しかし、それだけのお金を払う価値があると思った。
願わくば今日行ったお店が益々繁盛しますように。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。