スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸れ者の雑想 5本目

優越感と劣等感は表裏の関係にある。
より正確に言えば、
劣等感を抱いているときは、優越したいという欲があり、
優越感を抱いているときは、劣りたくないという欲がある。

先日書いたように、
必要以上に求めることは三毒の一つである。
スポーツ競技等、何かを競い合って高め合うことは素晴らしいことだが、
他人よりも優れようとする心が行き過ぎてはいけない。

他人より優れようとして、他人を見下したり、妬んだり僻んだりするのは、
これも三毒の一つである。



性善説、性悪説という二つの対照的な考え方がある。
砕いて言えば人間の根本が善か悪かという話である。
私は、これはどちらも正しいんじゃないかと思う。
それは、人間には良い点も悪い点もあるという話ではない。

人間には、心の底で人間を肯定的に捉えている人と否定的に捉えている人がいる、
ということである。
肯定的に捉えている=愛している、否定的に捉えている=憎んでいる、と表現すると、
心の底で人を愛している人と人を憎んでいる人がいる、ということになる。

この心の底の状態は、表向きには態度や言葉、行動となって表れる。
心の底で人を憎んでいれば、言動は冷たくとげとげしくなる傾向にある。
一方で心の底で人を愛していれば、言動は温かく柔らかくなる。

もちろん、このどちらか一方、0か1かということはなく、
これらの状態が混ざっている人もいると思う。

とはいえ、どちらの人に他の人が集まってくるかは一目瞭然だろう。


劣等感と優越欲。これといかに上手く付き合っていくかが大切である。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
06 │2017/07│ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。