スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸れ者の雑想

何かしら吐き出したい思いがあったはずなのに、
いざこうやって書こうとすると何を書けば良いのか分からない。

自分の気持ち、心持ちというのは、田んぼの上を飛び交う蜻蛉に似ている。
言葉という網で捕まえようとしてもなかなか上手く捕まえられない。

しかしそれでも、言葉で書かないといけない。
書かなければ、伝えることは出来ないのだから。



» Continue Reading

HPリニューアル

ひっさーです。

HPをリニューアルしました。
タイトルは以前のHP名だった「Ripple Marks」に。

色合いは以前の青色系を引き継ぎ、
デザインはシンプルにしました。

時代が移り変わり、個人HPは情報発信の場として
必ずしもベストではないのかもしれません。
しかし、過去の作品を掲載するという、
アーカイブの役割は十分に果たすと思います。

もし何かの縁があって私を知った人に、
私の作品を見てもらえるようにと思って、
HPを整えておきます。

それでは今日はこの辺で。

環境設定のおはなし

ひっさーです。

12月に入り本格的に寒くなった季節の折、皆さんお元気でしょうか。
布団から出るのが辛い季節ですが、部屋を暖かくして
風邪をひかないようにお気をつけてくださいね。

先月のことなのですが、新しい机と椅子を買いました。
これまでは、地べたに座るタイプの低い机しかなかったのですが、
高さのある折りたたみの机を買って、低い机と入れ替えました。
元あった机はというと、反対側の壁際に寄せることにしました。

実は今まで、PCの置き場所に困っていたのです。
机にPCを置くと他の作業をするのに邪魔だし、
かといってPCを別の場所においておくと、
わざわざ取り出したりしまったりするのが面倒です。

面倒さの度合い、手間の度合いというのは馬鹿にできません。
手軽に出来るか、ちょっと面倒かといった差で、やるかやらないかの差が
如実に現れてしまうのです。
これは前回の記事「ハードルを下げるおはなし」でも
似たような話に触れています。

そこで今回、ハードルの3つ目「環境が整ってない」状態を
改善することにしたのです。

高い机にはPCを置くことにし、基本的に移動はさせません。
開きたいときに開ける状態にしておきます。
低い机は空けておいて、食事はこちらで行います。
また、アナログ作業(紙に絵を描いたり)はこちらで行うことにしました。

するとどうなったかというと、
机に役割分担をさせることによって、
紙で絵を描くときと、PCを使うときとで、メリハリをつけられるようになったのです。

環境を変えることが思った以上に効果があることを実感した私は、
さらに環境設定をすることにしました。
まず、100均に行って、ペン立てを買いました。ペン立ては、
ある程度大きさがあって、仕切りがついているものを探して購入。
そしてそこに、シャーペンや鉛筆、ミリペン、コピックを立てました。
もともと絵を描くための筆記具は筆箱に入れていたのですが、
そう頻繁には持ち歩かないので、机の前に座ったときに
すぐ手に取れる状態したのです。

そうすると、作業に取り掛かるまでの時間が短くなりました。
さらに、時間的に短くなっただけではなく、
精神的にも、作業に取り掛かるまでの面倒臭さがだいぶ軽減されました。
空き時間が限られているので、
作業を始めるまでの「アイドリング時間」が短くなったのは非常に嬉しいです。

そんなわけで、環境設定は思った以上に効果があるなというおはなしでした。

それでは今日はこの辺で。

ハードルを下げるおはなし

ハードルネッサンスのネッサンスってなんなんでしょうか

ひっさーです。

今日はハードルについてのおはなしです。
ハードルといっても、障害物走で使う物理的なハードルではなく、
何かをしようとするときに「ちょっとハードルが高いかな・・・」と感じる、
気持ち的な障壁としてのハードルです。

何か新しいことや少し興味のあることに対して、
やってみたいと思いつつもなんだか手を出せない。
これはハードルの1つです。

ハードルは、新しいことに対してだけあるのではありません。
何かを続けようとしてもつい三日坊主で終わってしまう、
といったときにもハードルは存在します。

何かを続けようと思っても続けられないのは、
しばしば意思が弱いからだとか言われます。
それが間違っているというわけではないのですが、
意志が弱いことだけが原因ではありません。
続けようとしていることが、「ハードルが高い」のです。

ここで、ハードルとなる要因はさまざまです。

例えば、「毎日料理をするぞ!」という目標を立てたとします。
しかし続かない。そんなとき、次の3つの要因が考えられます。

1つ目としては、やり方が分からないことです。
やりたいと思ってもそもそもどうやって料理するのか分からないと、
なかなか手を出しづらいものです。
これは、続けることで慣れていくという面はありますが、
「ある程度情報収集をする」ことが大事だと思います。
「知らない状態から知ってる状態になる」、つまり
知識を学ぶことは、ハードルを下げることに繋がります。

2つ目としては、やろうとしていること自体が難易度が高いことです。
「毎日」という設定をしても、実際は難しいでしょう。
帰りが遅くなったり、友人と夕飯を食べたり、ということもあります。
他にも例えば、「毎日5km走るぞ!」と思ったとして、
その人が元々体力があって時間的に余裕があるならいいのですが、
それほど体力に余裕がなく、また自由な時間もあまりないとすると、
この決めたことを実行するのはかなり難しいと言えます。
自分にとって続けやすいような設定、例えば、
「早く帰れる日はとにかくキッチンで何か作る」とか、
「週に3回、10分以上走ろう」といった風に決めると、
実現可能性は高くなります。
これが「ハードルを下げる」ということです。

そして3つ目としては、環境が整っていないことです。
そもそも料理をする道具や材料が揃っていないと、
始めようと思っても始められません。
また、道具がない以外にも、道具を出すのに時間がかかるのも
ハードルになります。
例えば、「毎日(アナログで)絵を書くぞ!」と思ったとして、
絵を描くための机が散らかっていたらどうでしょうか。
あるいは、引き出しがごちゃごちゃでペンがどこか分からなかったら。
もちろんそれでも描く人はいるかもしれませんが、
絵を描くということをするための環境が整っていないだけで、
絵を描く行為からは遠ざかってしまいます。
環境が人に与える影響は、場合によっては意思より強いのです。
なので、例えば筆記具と紙をすぐ机に出せる状態にする。
これも「ハードルを下げる」ことになります。
これは、具体的な行動で解決できることなので、
多少時間をかけてでもやってみる価値はあると思います。

このように考えると、
何かを始めたい、あるいは続けたいというときは、
ハードルを下げることが大切である。具体的には、
「したいことをするための情報を収集する」
「したいことが現実的に出来ることかを考えて設定する」
「したいことをするための環境を整える」
といったことが大切になってくるんだと思います。

今日は、ハードルを下げることについてのおはなしでした。
それでは今日はこの辺で。

長く続けていること

ひっさーです。

今日はトラックバックのテーマが書きやすそうだったので、
このテーマで書こうと思います。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです今日のテーマは「長く続けていることって何?」です。FC2ブログは、なんと今年で10週年を迎えました!これも、これまでにFC2ブログを使ってくれた皆様、そして今このトラックバックテーマを見てくださっているあなたのおかげです!本当にありがとうございます!10年という月日は本当に長いのですけれど、あなたはなにか、長く続けていることってありますか?...
FC2 トラックバックテーマ:「長く続けていることって何?」



FC2ブログって、もう10年経つんですねぇ。
私がこのブログを始めたのはだいたい6年半前。
途中空いた時期もありましたが、だいぶ長いことお世話になってます。

ブログを書いている期間も長いですが、
何より私が長く続けているのは、「描くこと」です。
これは、大学受験期のブランクこそありましたが、12年続けています。
決して立派なものを作れるような腕前ではありませんが、
細く長く続けています。

今日は、事情あって姉夫婦と会って一緒に夕飯を食べてきました。
それに向けて、一昨日、昨日と2日かけて絵を描き、今日渡してきました。
渡した絵をとても喜んでもらえて、私も嬉しく思いました。
こうやって自分の絵を誰かに喜んでもらえると、
絵を描いていて良かったと思いますし、これからも描こうという気持ちになります。

12年間描くことを続けてきて、いつでも楽しかったわけではありません。
時には、もう嫌になってやめてしまおうかなと思ったこともありました。
10代のうちから才を発揮してぐんぐん上手くなる人もいますし、
描いたネタが受けて大いに評価されている人もいます。
その中で自分は大して上手に描けるわけでもなく、
一般受けするようなネタは描けず流行りには乗れず、と
悶々していた時期もありました。

でも今は、考え方が変わってきたのかなと感じます。
確かに上手く描けるに越したことはないし、
そのために練習が必要なら練習もしよう。
周囲にアンテナを張り巡らせてネタをキャッチすることも、
自分がしたいと思うなら面倒臭がらずしよう。
この辺りは考えの変化であって、
実際に行動に移すかは未確定なところです。

しかしこれだけは心に留めておこうということが1つ。
「自分の作品を見てくれている人」のことを大切にしよう。

思い出せば、私が絵を描くのが楽しいと思ったのは、
他の人のキャラクターを描いたり、自分のキャラを描いてもらったり
したときが最初でした。これももう10年近く前。

一般に向けた絵、広く拡散するような作品だけでなく、
特定の人に向けた絵、指向性のある作品もあるんだなということ。

多くの人に見てもらって評価される作品を作ることは難しいけど、
身近な人ひとりひとりに喜んでもらえる作品を作ることは出来る。
そこが最低限、私が描くことを続ける拠り所なんだと思います。

そして、描くことを続けていれば、いろんなことがある。
いろんな人に会う。いろんな人と関わる機会を持てる。

これからどうしても忙しくて描くことが難しい時期もあるかもしれません。
でもやっぱり、細くても長く、描くことを続けていきたいなと思います。

これまでも、これからも。



それでは今日はこの辺で。
プロフィール

ひっさー

名前:ひっさー
和気致祥。

Pixiv(id=123441)
Twitter
スカイプ:hisser_tan

来訪者数
 
  アクセスカウンター ご縁カウンタFree!
Since 2002/12/25
 Copyright (c) 2002-2012 Hisser,
   All rights reserved.
カレンダー+月別
08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
リンク集
リンクはHPの方に移動しました。
ブログ内検索
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。